市総合防災訓練(地区毎)実施!  

6月18日(日)9時より、各地区で東松島市の総合防災訓練が実施されました。本校では、事前に各地区の自主防災会長さんと地区生徒会委員長の打合せを行い、当日の訓練に臨みました。

内容は消火訓練、搬送訓練、仮説トイレのminami4wc設置訓練、給水訓練、発電機操作訓練、炊き出し訓練、AED訓練、救助犬デモンストレーションなど、各地区で様々でしたが、本校生徒も受付や仮設トイレ設置、炊き出しなどで大いに活躍しました。

yanagikita03 本校で最も生徒数の多い柳北地区の訓練に同行しました。9時3分に大津波警報が発表となり、高台等への避難指示が出されたのを確認し、柳北区センターから三陸道避難場所への避難を開始しました。歩いて行くと脇道から、たくさんの地区民の皆さんが合流し、長い列となって避難場所を目指しました。有明地区には色とりどりのバラが咲いており、とてもきれいでした。

yanagikita01 歩き始めて15分、本校生徒42名を含めた約150名が、目的の三陸道脇の避難階段にたどり着きました。階段を上ったところで知り合いから震災当時の様子を聞きしましたが、当時は階段が無く、大荷物を担いでこの法面を上がるのが大変だったそうです。

yanagikita02 その後、再び柳北区センターに戻り、消火訓練、炊き出し訓練を行いました。生徒もアルファー米の五目ご飯をつくり、おにぎりにして豚汁と一緒にいただきました。12時前には全ての訓練が終了しました。

休日や夜間に津波警報が発令されたとき、各地区で、中学生には何ができるか、何をすべきか、改めて考える機会となりました。地域・保護者の皆様もお疲れ様でした。