トップページ やもにだより矢二中とは 矢二中の学習 矢二中のPTA

  矢本二中の紹介

【学校紹介】

 
学校は東松島市の東側に位置し,JR仙石線陸前赤井駅に隣接しています。国道45号線が学区中央を東西にを走り,さらには三陸道のインターチェンジも近くにあり,仙台市の生活圏内に入りつつあります。矢本二中は,赤井地区と大曲地区が統合されてできた学校であり,農業主体の赤井地区と漁業中心の大曲地区に二分されていました。しかし近年,宅地開発が進み給与所得者が両地区に移住するようになり,農業及び漁業も専業から兼業に移行してきています。また,東日本大震災により大曲地区は甚大な被害を受けましたが,5年経過した現在,産業,新しいコミュニティが復興を続けています。
 東日本大震災では,学校の1階部分が約1.6m浸水しました。体育館は全壊状態となり,不自由な期間もありましたが,平成26年3月に新体育館が完成し,やっと通常の教育活動ができるようになりました。

【在籍生徒数】(平成29年4月1日現在)

 学  年 学級数 在籍生徒数
男子 女子 合計
1 学 年 4学級 57 56 113
2 学 年 4学級 60 61 121
3 学 年 4学級 63 71 134
特別支援学級 2学級
合   計 183 194 377

【県費負担教職員数】30名

  教育プラン
1 学校教育目標

  矢本二中の生徒としての誇りと連帯感を高め,未来に生きる健康で人間性豊かな生徒の育成を図る。
2 目指す姿

(1)学校の姿
  「生徒が主役」で「居心地がよく,学びがい」のある学校を目指す。
  @生徒一人一人に活動場面があり,その活動を生徒相互及び教職員から認められていると実感できる学校
  A生徒一人一人に学び外のある授業と基礎・基本の確実な定着を保障する学校

(2)生徒の姿
  @自学:自ら学び創造性豊かな生徒
  A自立:節度を持ち個性を発揮する生徒
  B友愛:思いやりを持ち協力し合う生徒
  C健康:豊かな心を持ち,たくましい生徒

(3)教師の姿
  @豊かな人間性を備え,温かく,明るい雰囲気を醸し出す教師
  A生徒の人格を大事にし,燃える情熱と使命感を持って指導にあたる教師
  B日々研鑽に努め,人間的にも,職能的にも絶えず成長を続ける教師

                    《目指す中学校の姿》

 (1)明るく元気にあいさつができる学校
 (2)いじめや争いごとがなく,一人一人の人権が守られている学校
 (3)生活や授業などの学校生活に落ち着きがある学校
 (4)生徒一人一人が正しく行動できる学校
 (5)自分の夢や目標に向かって努力を続けている生徒がいる学校
   ※人権:誇りをもって生きる権利


3 学校教育目標の具体的な施策
 
  平成28年度矢本第二中学校は「チーム矢本二(やもに)」という考えで教育活動に取り組みます。
 「チーム矢本二」はチームとしてのまとまりを大事にし,「石巻地区で一番の中学校」であるという自覚を持って教育活動に取り組みます。

 「チーム矢本二」は


 @互いのちがいを認め、相手の気持ちを考えて行動します。
 A相手が「いや」ということをしません。
 B相手の大切なものを大切にします。
 C仲間の活躍や頑張りをみんなで認めます。
 Dチームのためになることを一人一人が率先して行います。

  生徒と教師が共に「石巻地区で一番の中学校」を目指しながら教育活動に取り組むことを学校教育活動の基本となる取組とし,学校教育目標具現化への道であることを認識して,目指す中学校の姿を実現させられるよう以下の教育実践に取り組む。 

(1)基本的生活習慣・基本的学習習慣の確立
(2)基礎・基本の定着と「確かな学力の育成
(3)生徒の自主性の尊重と支援
(4)校内研修の充実と教師の授業力・指導力の向上
(5)自立の基礎を培う特別支援教育の充実
(6)地域に根ざした教育活動の推進

  沿革史
  矢本二中沿革史詳細ページ
  矢本二中校舎の変遷で見る沿革史
  校歌・校章
 矢本二中の校歌
 矢本二中の校旗
  アクセスマップ